カフェマスターの気になること

気になるアレコレ解決!

通信制高校の魅力と役割

通信制高校とは

高等学校や中等教育学校の後期課程を通信制で行う学校のことです。

通信制高校の最大のメリットは、全日制の課程と違い、毎日学校に通う必要がないことです。

自宅だけではなく、学校が設置する学習センターなどで学ぶことができ、添削指導やスクーリング、最終的には試験によって単位を取得し、卒業要件である74単位を取得することで、学校を卒業できます。
毎日登校する必要がなく、在籍者自身の時間的融通が利くことから、以下のような人におすすめです。

様々な理由がありながらも、学ぶ意欲がある方に広い門戸を開けており、現在では非常に注目される形態の学校です。

通信制高校のほとんどは単位制の教育を採用しており、全日制や定時制の高校における学年や進級という概念は基本的にはありません。
従って、一度全日制や定時制の高校を中途退学した人については、過去に在籍していた学校での修得単位も一定の範囲で認定し、卒業単位に算出する学校が多くあることが大きな特徴です。

また、単位認定を前期後期の分割認定している学校が多いため、4月だけではなく、9月入学することも可能ですし、転編入学は随時受け付けられていますので、学ぶ意欲がある人には申し分がないと言えるでしょう。

通信制高校には多くの魅力がありますが、

最大の魅力は世代を超えた幅広い方が学ばれていることがでしょう。

中学校を卒業したばかりの方から80歳代の学習意欲に満ち溢れた方など様々な方が通っています。そのような幅広い方々とスクーリング授業などで一緒に交流することで、色々な価値観に触れながら刺激を受けることになるでしょうし、年代を超えた出会いは貴重な人生の財産になるに違いありません。
興味のある方は、みんなの通信制高校ナビで、資料請求や各高校の特色が掲載されていますので、そちらも参照ください。

生活全般記事一覧